ウォータースタンド あえて触れるデメリットについて

安いプランもあれば高いプランの料金もある

あまり、ウォータースタンドについてのデメリットについて触れる方は少ないと思います。
理由としてはおおよそ満足している方はわざわざデメリットなんて書きませんし、公式サイトなら絶対に自社のウォーターサーバー製品を卑下する言葉なんて書きません。
そこで、あえて個人的に感じるウォータースタンドのデメリットについて触れていきたいと思います。
一つに、サーバーごとのプラン(機種)による料金設定の差です。
ナノラピアサーバー、プレミアムサーバーと2つの種類から選べるんですが、こちらはサーバーに備わる機能(冷水・お湯・常温水などや殺菌機能、フィルター除去機能など)に差がある為、かなり料金が違ってきます。
安いプランなら常温水だけとか、内部の殺菌機能がそこまで充実していないなどはあります。

ボトル宅配と比較すると見える水道直結のデメリット

ほかのデメリットとして、ボトル宅配と比較する水道直結タイプのウォーターサーバーは、たしかにボトルを交換したり注文したりする必要はありません。
ですが、ブログなどの体験レビューなどでも見られますが…
水道直結ですと、いざ震災などで断水した場合や、それによる影響でお水が購入できない状態になると、備蓄水としての活用ができない点があります。
その反面、1本12Lのボトルが宅配されるウォーターサーバーであれば、飲用としてはもちろん、生活用水としての役割も果たせて、災害時の生活に差ができます。
そういう意味では、水道直結ゆえのデメリットが、比較して見えてきますよね。

やめた方|ウォータースタンドなど水道直結をやめる原因

もちろん、ウォータースタンドを契約した方が一生そのサーバーを使い続けるワケはありませんよね。
理由はさまざまあですが、やめた方も少なからずいらっしゃいます。
やはり、水道直結という名前どおり、簡易とはいえ工事が必要な事にちょっとした不安を感じる方はいらっしゃいますし、特殊なウォーターサーバーゆえか、まだ全国すべてには対応していないので、サービスを満足に受けられるエリアももしかしたらある(福岡や沖縄などすこし離れた場所や離島など)かもしれません。

デメリットは多いですが…|キャンペーンや紹介特典、至れり尽くせりなサービス

多少のデメリットは、正直なところどんなウォーターサーバーでもあります。
肝心なのは、そういったモノも踏まえて満足できるサービスかどうかです。
ウォータースタンドの最大の魅力は、水道直結によるお水の補充や交換の手間が無くなる事に加えて、充実したキャンペーンによる割引特典や友達紹介制度のプレゼントがあります。
また、定額料金を支払うことで半年に1回の訪問メンテナンスで丁寧な掃除を行い、フィルター交換も無料となっています。
さらに、万が一の故障があってもウォータースタンド株式会社の専門スタッフが駆けつけて対応してくれるので、安心できますよね。

無料お試しならお気軽にできる|ブログなど体験談も

また、気軽に始めやすいのもうりだと感じます。
一般的に、ウォーターサーバーは無償での貸出を行っている所は少ないのですが、ウォータースタンドは不思議なことに無料でおよそ一週間ほどのお試し体験をさせてくれます。
さすがに工事はできないので、6L×2本のタンクが内蔵できるエコサーバー(ネオという機種)がレンタル可能となります。
テレビCMなどでも初期でよく見かけた優秀なサーバー『ナノラピアネオ』なので、使い勝手もよく、これでウォータースタンドのサーバーがどんなサイズか、コンパクトに感じるか、使い方はどうなのかなどチェックできます。